No.22 川﨑晃子/Piñata de Cantiñas/Cantiñas



「小さな3分間」という箱を開けると、私の2つの想いが踊り出します。 一つは、出産した大親友へのお祝いの気持ち。ずっと応援してくれている大切な友人が生み出した、新しい生命に捧げたいと思います。 そしてもう一つは、もう会えなくなってしまったスペインのママへのオマージュです。ママは凛としていて強く、それでいて女性らしく、とてもフラメンコに真っすぐな人でした。 「フラメンコが好きならどんどんやりなさい」というママの言葉が、不安な時や辛いときにいつも私の心を支えてくれています。 この衣装は、そんなママからのプレゼントです。袖を通すといつもママにギュッとハグされているような温かい気持ちになります。 私にとってフラメンコは、人と人を繋いでくれるとても大きな存在です。今回はそんな2人への想いをこのタイトルに凝縮しました。 私の心からの“Piñata de Cantiñas”をお楽しみください!